「嫌われる勇気」は別の意味で勉強になった

情弱が刈り取られる時代はもう終わりだ!

紙です!

 

名書として知られながらも
案外サラーっとしか読んでなかった
「嫌われる勇気」を昨日読んでみました。

読んだことあります??
どんな感想を持たれたでしょうか??

最近あれほど読んでなかった「本」が
なんか楽しくて、昨日は2冊読みきってしまって
寝不足。。。

青年と哲人の対話形式で
本が進んでいくので
なかなか飽きさせないですね。

本の内容もですが、
ああいう飽きさせない仕掛けは
勉強になりました。

あの本は稼げてない人は
特に別の意味で読んだ方がいいな〜と。

もちろん稼ぎの額に関わらず
やはり名書、結構面白かったです。

あの書籍では出てくる青年は
そりゃーもう卑屈で劣等感だらけで
(あ、あの書籍によると
「コンプレックス」と「劣等感」は
違う意味らしいです。)

事あるごとに「嫌われる勇気」を
教える哲人に噛み付くわけですね。

まず書籍を見て思ったのは、
言っちゃアレですが

「。。。で、どうすりゃいいんだ??」

って事でした^^;

抽象度高いんですよね〜。

要するに「いま、ここ」を必死に生きよ、
って事だったり、
自分と他人の「課題(タスク)」を
切り分けよって事だったりするわけですが
(他にも色々ありますが)

相当実践が困難でした。

でもそこから察するに、
「実践困難なテーマだからこそ
たくさんの人に読まれるんだな」と。

特に今の文化だと
SNSとかが大流行りしてるからこそ
周りの目が気になりますし、
需要が非常に高いんでしょうね。

需要が高い、人々が真に欲する能力ほど
達成困難って事ですよね。

そう考えると、
実践困難であることが腑に落ちて
認識が改まります。

ビジネスの話に戻って、
稼げない人の99.9%の要因は
「内面」の問題です。

ノウハウが、とか、
ツールが、とかじゃないです。

その辺の「心の流れ」と、
どうすべきか?

という点において、
一見全然違うジャンルですが、
この「嫌われる勇気」は
非常に参考になるかと。

「青年」の話や
その移り変わりを経て
色々見えてくるものが
あると思います。

僕自身目から鱗の部分も
たくさんありました。

嫌われる勇気の前に、
「問いかけ力」って本を
読んでたのですが、
そちらも非常に良かったですね。

長くなるのでまたそちらについては
別の機会に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Privacy Preference Center