【初心者向け】確実な副業年収1000万円の稼ぎ方【田口唯斗×紙直樹】

 

今回もゲストお迎えして対談形式でお送りします。

 

初心者の状態から
副業年収1000万の状態に
短期間で持っていく

事を非常に得意とされている、

 

(株)ALspective代表取締役

田口唯斗さんに

その手法を僕、紙直樹が聞き出します。

 

動画はコチラです!

こちらの記事もおすすめです!

「真下海斗×紙直樹」独占市場で多角的に、爆発的に稼ぐ

 

副業年収1000万円を目指す

年収1000万を目指そう

紙直樹

田口さん、今日はよろしくお願いします
何気に、こういうフツーの動画撮るの初ですよね。
そうなんですよね、キャンペーン的なのは1回ありましたけど、こういう対談は初めてですね。

改めて本日はよろしくお願いいたします。

田口唯斗

紙直樹

今回の主題として、副業年収1000万円という事ですが、この業界だと年収1000万って軽々しく使われますけど実際のところ、すごく大変な事じゃないですか。
月収だと80万円以上、それを最短でとなると、まずどうしていったらいいですか?
まず、この業界で「年収」って言い方をあまりしないんですよね。
月収100万とか、もっと単発的に大きな金額とかを提示しがちで。
でもビジネスとして長期的に稼いでほしいので年収1000万という言い方をしています。

また同時に、サラリーマンの場合の所謂エリート層の基準が「年収1000万」なので、そこを目指しましょうというのをコンセプトにしています。

田口唯斗

様々なビジネス、稼ぐ為の手法がありますが、ラクして稼ぎたい!お金をどうやって増やそうか、という事しか考えない人と、何かを頑張ろうとお金を作っていく手法を考える人の2分化されているなというのが凄くあって。

田口唯斗

紙直樹

そうですね、たしかにみんな無自覚ですよね。

お金を作るのか増やすのか、そのビジネスの特徴は何なのか、とか、わりとみんなあまり考えずにやっていますよね。

やっぱり「稼ぎたい!」っていうのが一番に来ちゃってますよね。まあ、分かりますけど(笑)

田口唯斗

紙直樹

年収1000万稼ぐにはやはり、まずお金を作る、そして増やす、という事になりますか?
はい、やはりその2つ、
どうやって作るか、そしてどうやって増やすか。これらを組み合わせて考えていくのが肝になってくると思い、僕自身も発信をしています。

田口唯斗

 

年収1000万円のサラリーマン時代

年収1000万達成したけど・・・

紙直樹

田口さんの発信って、ロジカルシンキングで人の分析とかプレゼンテーションとか、わりとビジネス寄りで、やっぱりでご自身も年収1000万円のサラリーマンだったというのがあると思うんですけど。

その頃の年収1000万円ってどういう感じだったんですか?業務量とか。

そうですね、20代後半くらいの時で年収1300万くらいでした。

田口唯斗

紙直樹

すっげ~(笑)
ベンチャーだったんでしたっけ?
はい、最初大手企業にいてその後ベンチャー企業に転職しました。
そこで最初は年棒400万からスタートして、ベンチャーならではの成果至上主義でどんどん上がって行って、20代後半で年収1000万の大台を達成したんですけど、、、

そこで見えた景色というのは、中々の地獄絵図だったんですよね
(苦笑)

田口唯斗

紙直樹

笑。やっぱり、「労働」になっちゃいますよね。
1日何時間くらい働いていたんですか?
17,18時間とか。趣味で三味線やってたんですけど、当然そういう趣味の時間も完全に削って、週2,3回徹夜もザラにありました。合間合間で仮眠とったり、完全にワーカホリックになってました。

田口唯斗

紙直樹

キッツいな~。その状態がどれくらい続いていたんですか?
3~4年くらいですね。稼いではいたけど、時間は皆無で体力も限界で、30代になる頃からだんだん身体も無理がきかなくなってきて。

今でこそ笑えるんですけど、満員電車でも片手でパソコン持ってメール打ったりしてて、周りから見たら完全におかしな人だったと思います(苦笑)

田口唯斗

紙直樹

相当ストイックな生活をしていたんですね。

それで、独立されたわけですが、今何年目になりますか?

今3期目で、最初は副業としながら法人化して、会社としてはまだ2年ですね。

田口唯斗

紙直樹

そうなんですね。労働環境はどのように変化しました?
新たな事業に色々チャレンジしてるのでヒマではないんですけど、当時と比べたらもう随分余裕がありますね。

田口唯斗

紙直樹

そうですよね、キャンプとかめっちゃ行ってますもんね?笑
キャンプ、行ってます行ってます。
子どもの保育園の送迎も毎日してますし。

田口唯斗

紙直樹

自転車で?似合わないな~(笑)

 

物販ビジネス副業

お金をまず「作る」

紙直樹

話戻って、お金の作り方・増やし方でしけど、まず作らないといけない人が多いと思うんですよ。

作るとなると、基本的にはあまり無いところから作っていく事になりますよね。
それには、どういうビジネスが良いと思いますか?

そうですね、資金があまり無くてもスタートできて、なるべく専門知識も必要ないようなものが良いですが、そうなってくるとやっぱり限られてくると思うんです。

色々なビジネスがあると思いますが、僕は総じてやはり物販ビジネスが良いと思います。

田口唯斗

紙直樹

確かに。僕も色々な事やってきて思いますが、本当に知識が無くても出来るのは物販だけかなって。
そうですね。かつ、ある程度収益の立ち上がりが早いものですよね。

田口唯斗

紙直樹

物販でも色々なものがありますが、今スタートアップ的に教えている中でどんなものが一番おすすめですか?
やっぱり、立ち上がりの早いもの。また、時間はかかるけどいずれ爆発するもの、そういう物を組み合わせていくのが良いかなと思います。

なので私は販路をいくつか持って、まず、昔からある国内転売をやっています。

田口唯斗

紙直樹

国内、僕はあまり経験が無いんですけど、どうなんですか?
最近も売れます?
持続して100万200万稼ぐとなるとかなり大変ですけど、初速で5万、10万、20万といった利益を作るのは難しくないと思います。
今、色々な物販ビジネスが登場したからこそ逆にやり易くなってきたかなっていうのはありますね。

田口唯斗

 

国内転売+海外輸出の併用

ポイント商材が人気

紙直樹

商材は今どんなものが人気なんですか?
今流行っているのはやっぱりポイント商材ですね。
ポイントせどりと言うんですかね。

田口唯斗

紙直樹

それは、Tポイントとか、そういうのですか?
はい、Tポイントとか楽天ポイントとか。

ポイントが利益になって、商品自体はトントンで売るみたいなイメージです。

田口唯斗

紙直樹

へえ~そうなんだ。田口さんのすごいとこって、そうやって常にアンテナはってるというか、ゼロイチの知識をちゃんと吸収して発信してますよね。

今は、ポイントせどりなんですね。

そうですね、常に情報収集はしています。

ただ、ポイントせどりも良いですがずっと長くやれるのかというと。。。

田口唯斗

紙直樹

たしかに、3年も4年もずっとポイントせどりって訳にはいきませんよね。
他にはどんなものがありますか?
やはり通常の「せどり」は良いと思います。
お店行って仕入れて、って今みんなあまりやらなくて、とにかくラクして稼ぎたいって人が多いので、逆に今はガラガラになってる感じですね。

田口唯斗

紙直樹

確かに、長く稼いでる人は昔からずっとやってるイメージあります。

物販せどりは、家電とかですか?

はい。最初は王道の国内中古家電をやってました。テレビのような大きなものから小さいもの、他のライバルがあまり手を付けていないようなものなど色々と販売しました。

そういったものでまずは5万10万の利益を出していって。

田口唯斗

海外輸出と国内転売を2本立て

紙直樹

それと、どういったものを組み合わせるんですか?
組み合わせの相性も考えますが、主に輸出物販ですね。

Amazonという大きなプラットフォームでの国内転売と、それと双璧を成すeBayを使った輸出を併用します。
輸出は立ち上がりにちょっと時間がかかるので、併用して育てながら、国内で回しながら、という感じで。

田口唯斗

紙直樹

そうですよね、AmazonとeBayってすごく相性が良い。

爆発力はやっぱりAmazonに勝てるところないですよね。

そうですね、やっぱりAmazonは集客力が凄いですよね。

田口唯斗

紙直樹

同じもの並べてよーいドンで売ると、まあ物にもよるとはいえ、絶対Amazonの方が先に売れますもんね。

逆転の発想で常に先を考える

デメリットは逆転の発想でカバー

紙直樹

初心者が2つ同時にやるのはどうなの?とか言われませんか?
そうですね、管理が大変そうとか初心者にいきなり複数はムリだろうとか、デメリットに感じてる方が多いですね。でもそれも逆転の発想で、そのデメリットをどう潰すかを僕みたいな人間が考えなきゃいけないと思っていて。

今回僕が考えている手法は、その辺りは大丈夫です!
仕組みだったり、ツールがあったりと、ちゃんとそういう武器を持たせた上でやらせるやり方になります。

田口唯斗

紙直樹

ビジネスはみんなそうですよね。
本当に誰でも簡単に、というのはあまりうま味が無くて、ある程度のリスクやデメリットはあって、それをこちら(指導者)が潰してみんなができるようにする、という感じになりますよね。
そう思います。
同時に始めた人が、ちゃんと実力・地力をつけていかなければいけないですね。

田口唯斗

紙直樹

地力をつけるってホントに今の時代重要ですよね。
同じ事をずっとやってて時代の変化について行けず消えていった人、沢山いますもんね。。。
変化が早いですもんね。半年とかそれくらいで色々な流れが変わっていきますから。

そういう意味ではAmazonもeBayも絶対ではないと思ってるので、常に次を次を考える必要がありますね。
ただ、入り口はそこから入って、そしてそれだけを見ないで、ちょっと先を僕が進みながら見せていくというのを意識しています。

田口唯斗

紙直樹

そうやっていつもちょっと先の旬の情報を教えてくれる田口さんですが、いつもどういう形で情報を仕入れているんですか?
そうですね、、、やっぱりこういう業界に入って、交流会だったり色々な方と知り合ったり、前職からの繋がりもあったりですね。

田口唯斗

 

投資で「増やす」

投資で増やす

紙直樹

せどりばかりやっててもつらくなってきますし、情報発信でお金を作るから「増やす」というのも田口さんはやってらっしゃいますけど、増やすとなると、一番効率の良いやり方はどうなんでしょうか。
増やし方ですよね。やはり、物販でずっと回していくのも良いんですが、ある程度物販でお金を作ったらいよいよ投資をすべきかなっていう結論にはなりますね。

田口唯斗

紙直樹

物販で10万20万作れたらそれを投資に回して更に増やす、という事ですが、チャート見る手間が増えたり、投資が上手くいかなかったりもあると思うんですけど、どうなんですかね?
そうですね。冒頭の話に戻りますがやっぱりラクして稼ごうとして、なけなしのお金で投資を始めて資金を溶かしちゃったり、というのはよくある話だと思います。
ですので、最悪無くなってもいいお金でスタートするというのは大原則なんですけど、そこから、派手に大きく増やすのではなく着実に増やしていく、というのは、きちんと調べれば正しい情報というのはちゃんとあるので、正しい方法で正しく投資すれば少しずつですが増やす事ができます。

田口唯斗

紙直樹

今回の田口さんの手法で、確実に簡単に増やせるんですよね。
簡単にって言うとすごい嘘くさく感じると思うんですけど(笑)
そうですね、派手には増えないですけど10%くらいは。

田口唯斗

紙直樹

僕も使わせてもらってて、あんまり見ないんですけど、月2回くらいとか。
おかげさまで元々40万だったのが今プラス7万くらい増えてます。ありがとうございます(笑)
あんまり見ないのが良いと思います。
やっぱりマイナスになる事もあるので、なけなしのお金で一喜一憂しながらではなく、あくまでも余剰で置いておいて増えていくというのを徹底しないといけない、と思っています。

田口唯斗

 

サラリーマンはやった方が良い

サラリーマンはやった方が良い

紙直樹

物販の人って「増やす」部分が甘い人が多いような気がするんですけど、田口さんはその点すごいですよね。
物販だけでも稼ぐ事はもちろんできますけど、やはりレバレッジを利かせて指数対数的に伸びていくというのはやはり物販だけでは難しいかなと思います。

田口唯斗

紙直樹

投資でお金にお金を増やしてもらう仕組みというのはやっぱり大事ですね。
そうですね、片手落ちでなくやはり作る事と増やす事の両方が大事ですね。

田口唯斗

紙直樹

田口さんの作った仕組みで両方カバーできるという事で、僕のメルマガ等でご紹介していきたいと思います。また、講義も是非宜しくお願いします。
はい、こちらこそよろしくお願いします。

田口唯斗

紙直樹

田口さんて実際はすごい根性あるんですけど、あんまりそういう根性論で動くイメージ無くて、ロジカルに行動してると思うんですけど、何か意識してる事ってあります?
泥臭い事もやってきましたから(笑)
う~ん、、そうですね、僕ももちろん勢いで行動する事もあるんですけど、起こっている出来事を頭の中で構造・整理・分解していくのが習慣みたいになっているところがありますね。

そういう考え方を勉強しましたし、人より頭が整理できた上で、尚且つ感情に任せて動く勢いはサラリーマン時代に経験させられて事が組み合わさっているのかなとは思います。

田口唯斗

紙直樹

サラリーマンはやった方が良いと思う!
僕もサラリーマン時代の経験が今に活きてる事たくさんある。
本当にそう思います。
今教え子で学生の子がいるんですけど、かなり稼げてはいるんですけど、「社会人にはなれ」って言ってます。

田口唯斗

紙直樹

うんうん、ですよね。

さて、長くなってきたので今回は一旦この辺で終了とします。
具体的な手法についてはまた講義や別の動画でお伝えしたいと思います。

それではひとまず、ありがとうございました!

 

 

 紙直樹公式Twitter
 @naokikami111
フォローミー

ただ今、期間限定で、
情報発信のコンテンツを
他にも無料公開しています!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

情報発信ノウハウ

 

 

 

 

 

登録無料のメルマガで
ノウハウをお届けします!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

メルマガ登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Privacy Preference Center