情報発信

稼げる・読まれる「文章術」5つのポイント

 

今回はも文章術をテーマに

「稼げる・読まれる文章 5つのポイント」

「稼げない・読み飛ばされてしまう文章 5つのポイント」

 

この2つについてお話したいと思います。

 

動画はこちらです!

こちらの記事もオススメです!

読まれるメルマガタイトルの書き方・作り方 良い例と悪い例から見る5つのポイント

読まれる文章術を身につけよう

 

紙直樹です。

 

僕は過去、メルマガやLINEを合わせて、

1万通以上の文章を書いてきました。

 

自分でも、良くこれだけ書いてきたなと思います。

 

そんな僕だからこそ言える事があります。

 

何故この人の文章は読み飛ばされてしまうのか?

何故この人は読まれる文章が書けるのか?

 

この2つには明確な5つのポイントがあります。

 

この記事を読み文章術を身につける事で、

あなたの文章の収益が大幅に伸びます。

 

逆に、5つの悪いポイントを見直さないと、

どれだけ頑張っても収益が上がらない、

読み飛ばされてしまう文章になりますので

是非最後まで読んでいただければと思います。

 

読み飛ばされてしまう文章の5大要因

読み飛ばされてしまう文章の5大要因

まずは、悪い文章のポイントを5つお話します。

 

具体例があった方が分かりやすいと

思いますので、例を出します。

 

あなたが店舗をもっていたとして、

 

「3日後に在庫処分セールを行い、

通常の日の倍の売り上げを狙いたい」

 

という場合だとして考えてください。

 

[box class="box31" title="改善すべき5つの要因"]

1.乖離が大きすぎないこと

2.主観的な表現は避けること

3.なんとなくはダメ、狙いをつける

4.控えめは×、可能な限り最大値を

5.単調は×、強弱をつける事こと

[/box]

これが改善すべき5つだと思ってください。

 

この事例に基づいて1つずつ説明していきます。

 

在庫処分をしたくて、通常の倍の売り上げを

狙いたいという場合ですね。

 

1.乖離が大きすぎないこと

 

何と何の乖離かというと、見出し、

メールの場合はタイトルです。

それと、実際の内容の乖離です。

 

タイトルや見出しと本文の乖離が

激しくない事が大事です。

 

例えば、タイトルや見出しで、

 

「9900円の商品が1円に!」

「令和イチのセール到来!」

 

このような事を言って、実際は

5%オフセールしかやっていなかった、

というのはすごく乖離が激しいじゃないですか。

 

YouTubeでも良く、サムネにつられて

見たら損した、という事がありますよね。

 

これを同じで、乖離が激しいと、

当然、読み飛ばされる、または

 

読んでもらえても収益には絶対に

繋がらない、という事になります。

 

2.主観的な表現は避けること

 

これは皆やりがちです。

 

2019年に僕がある会社の販売支援を

いていた際、このパターンを使っているのを

見ました。

 

悪い例を出すと分かりやすいと思うのですが、

 

「物凄いセールが近日開始されます。」

「かなり安くなるセールを開始!」

「素晴らしい価格のセールを行います!」

 

こういった、「物凄い」「かなり安くなる」

という表現は、

販売する方と、お客さんの間で

ギャップがある事がほとんどです。

 

お客さんからすると、物凄いセールと

言われたら、80%オフなのかな!?

という気になるじゃないですか。

 

ですが、お店では通常は5%オフだから、

今回の20%オフにする、となると、

物凄いセールとなるんですね。

 

ですから、このような主観的な表現はやめましょう。

 

3.なんとなくはダメ、狙いをつける

 

これもすごく多いです。

 

法人さんや、何となくやっている人は

このパターンになりがちです。

 

セールをやるので安直に、

「還元セール」

「〇月〇日よりセール」など、

 

狙いが無く何となく書いても、

絶対に読み飛ばされます。

 

ご期待ください、と言われても

「何を?」となります。

 

ですが、やりがちな人が多いです。

 

4.控えめは×、可能な限り最大値を

 

嘘をつく必要はありません。

 

例えば、楽天で良くやっている、

最大ポイント10倍というのがありますよね。

 

MAX値を取る、という事です。

 

最大〇%オフ、最大○○です、と言わないと

インパクト負けします。

 

5%オフセールを開始しますと言っても、

普段から5%オフのお店は沢山あります。

 

ですから、最大どれくらいなのか?を伝える。

 

楽天のお買い物マラソンでも、

最大ポイント10%と書いてあっても、

 

実際には何店舗かで購入しないと

最大値にはなりません。

 

ですが、

MAXがこのくらい!すごい!という事を

見せるには、控えめでは駄目です。

 

5.単調は×、強弱をつける事こと

 

3日後にセールをする際、

 

駄目な例:

3日前:3日後にセールやります

2日前:2日後にセールやります

1日前:明日セールやります

当日:本日セールです

 

これだと、強弱が無さすぎて、

ただのリマインドメールになっています。

 

これでは打つ意味がなく、元々興味が

ある人しか来ません。

 

セールスライティングや、

読まれる文章は、

いかに最大化していくか?がミソになります。

 

このような単調なメールや見出しでは

絶対にリーチは広がっていきません。

 

読まれる文章術・見出しに狙いを詰め込む

読まれる文章術・見出しに狙いを詰め込む

上でお伝えした悪い例を踏まえつつ、

良い事例、僕だったらどうするか、

という事を先にお伝えします。

 

僕は、セールの3日前にこういった見出しで打ちます。

[box class="box2"]3日前:

88%OFFのセール招待券(2日間限定)[/box]

3日前、色んな狙いが入っています。

まずはMAX値をとる。

 

そして、セールの招待券とわざわざ

書いています。

 

これは是非使っていただきたいのですが、

招待券と書く事で、特別感を出します。

 

自分だけが貰っているのかな?となりますし、

「2日間限定」と書いてあることで

読もうとする意欲を促進しています。

 

この1行に、ものすごく沢山の

狙いを詰め込んでいます。

 

MAX値、招待券という事の限定性、

2日間限定による行動促進。

 

ここまで詰まっていれば、内容をこれに沿って

ざっと書くだけでも読んでもらえます。

 

[box class="box2"]2日前:

○○様。88%OFFセールの招待券は受け取りましたか?(明日まで)[/box]

これはリマインドです。

 

読者がどれくらいいるのかにもよりますが、

1日で見てもらえると思わない方がいいです。

 

セールがある事を認識してもらうという事が

第一目標ですから、これに2日費やします。

 

そして、前日です。

 

[box class="box2"]前日1:

明日88%OFFになるラインナップ紹介[/box]

先にラインナップを紹介します。

 

セールをやったことが無い人は

あまりピンと来ないかもしれませんが、

初動はすごく大事です。

 

何故かというと、初動で大きく商品が

動きますよね。

 

そうすると、

自分を含め現場が盛り上がります。

 

人は盛り上がっている所に寄せられる

習性があります。

 

ネットショップだったとしても、初動が

盛り上がって、すごく売れていますという

メールを送る事ができれば、

より次の盛り上がりを狙えます。

 

初動が微妙だと、売っている方も不安になります。

 

そして、不安になると、セール品を

追加してみたりと、変なことをやりだします。

 

そうすると、必要のない損失を出す事に

なりますし、受け手も、売れていないのを

何となく察してしまいます。

 

ですから、

初動で動かすことは非常に大事です。

 

ですから、

翌日88%オフになるラインナップを

先に紹介します。

 

これをやる事によって、目当ての商品が

安いのが分かり、セール当日の開始時間から

駆け込んでくれるんです。

 

そして前日2

 

[box class="box2"]前日2:

【重要】88%OFFの招待券受け取りは本日まで[/box]

 

という風に最終リマインドを出します。

 

セール当日にはそんなに色々と

やる必要はありません。

 

良い例:

当日1:【注意】セール品の在庫状況について

当日2:8972名が招待券を受け取りました^^

当日3:1時間前、ご準備はよろしいですか?

当日4:お待たせいたしました!開始です!!

 

夜にセールが始まる前提で書いているので、

当日やることが多いですが、昼に始まる

セールならもっと少ないです。

 

最初はセール品の在庫状況について。

 

これは何がやりたいのかというと、

これだけしか在庫がないよと伝えて

初動を狙うパターンです。

 

8972名が招待券を受け取りました

というのも、同じく初動を動かすため。

 

いろんな角度で初動を早く動かそうという

アクションです。

 

‐ 目当ての商品がここにある

‐ それがこんなに安い

‐ 急がないと無くなる

 

という事がきちんと伝わっていれば

ある程度動いてくれます。

 

それを色んな角度から伝えていかないと

人は読み飛ばしてしまいます。

 

ですから、このような形で書いていきます。

 

最後に、1時間前にリマインドして、

開始の連絡をします。

 

どのくらいの商品を売るかによって

準備期間などが変わってきますので

そこは臨機応変に対応して頂ければと思います。

 

今回は、在庫処分セール品を通常の

2倍売りたいというパターンでの流れでしたが、

この流れを踏めば絶対に売れるはずです。

 

読まれる文章術のポイントまとめ

読まれる文章術のポイントまとめ

  1. 乖離がない程度に最大限の表現をする
  2. 誰にでもわかる「数字」を盛り込む
  3. 全てに流れ狙いがある
  4. 最大値をとった強めの表現
  5. 限定性を付け、強弱をつける

 

先に説明した具体例を入れると

分かりやすいと思います。

 

最初に興味を引き、それからリマインドをする。

 

そしてラインナップを紹介することで

引き付け、在庫状況の案内。

 

招待券を受け取った人数をお知らせして

早く購入しないとと思ってもらえるよう

ダメ押しをする。

 

ただ具体例の真似をするだけはなく

この5つの良いポイントをしっかりと守って

書いてみてくださいね。

 

最後に

 

僕の記事では、今回のような

稼げる文章の書き方や、成功法則

物販の情報などをお話しています。

 

是非、過去の記事も読んで頂ければと

思います。

 

そして、、僕のLINEを登録していただくと、

一般公開できない事や、限定のノウハウ

お伝えしています。

 

今は、2019年に6億稼いだ道のりを全て

解説している動画をプレゼントしていますので、

是非登録してください。

 

今回の記事は以上となります。

ありがとうございました!

 

紙直樹公式
YouTubeチャンネル登録は
こちら 

紙直樹公式LINE登録はこちら

※LINE登録で今なら
「年間6億円稼ぐまで行った全て」講義プレゼント!

 

紙直樹公式Twitter
 @naokikami111
フォローミー

 

ただ今、期間限定で、
情報発信のコンテンツを
他にも無料公開しています!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

情報発信ノウハウ

 

 

 

 

 

登録無料の公式LINE
ノウハウをお届けします!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

メルマガ登録



-情報発信

Privacy Preference Center

Copyright© 紙直樹オフィシャルブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.